界面活性剤が肌の乾燥をまねく

最近、「界面活性剤」ってよく耳にしますよね。なんだか悪者扱いされているようなこの成分、そもそもこの界面活性剤って何者なんでしょうか。

これは、本来混ざることのない「水」と「油」の媒介になり、溶けたような状態にしてくれるものの総称。

 

ドレッシングや乳液などに利用されていますし、また、石鹸などにも使われており汚れを落とす際にも役に立つもので、決してこの界面活性剤それ自体が悪者、というわけではありません。

 

油汚れを水で落とす際、汚れが落ちやすいように助けてくれる成分なのです。

界面活性剤は洗浄力が高すぎる?

しかし、議論になっているのは、その洗浄力。シャンプーやボディソープにも含まれていますが、この界面活性剤のその洗浄力が肌や髪の負担になってしまうことが問題視されているのです。

肌や髪にはもともと、自分で自分を守る力があります。自分で油分を作って膜で覆い、水分が逃げないようにキープするイメージでしょうか。

 

この自分で作ったベールを、界面活性剤を用いた洗浄剤やシャンプーなどで洗い落としてしまい、本来肌や髪が持っている「水分をキープする力」が失われ、乾燥しがちになってしまうのです。

 

美しい髪、美しい肌というのは水分をたたえた、うるうるした状態です。それが、界面活性剤の力で乾燥してぼろぼろになってしまうのです。

 

日々の汚れは落としていきたいものですが、「汚れが落ちている感じ」を演出する泡立ちをよくするためにも界面活性剤は使われています。

 

界面活性剤にもいろいろな種類があり、洗浄力の強いもの、比較的水分を守れるものとありますが、中でも安価な商品に含まれている「ラウレス硫酸Na」と「ラウリル硫酸Na」これは要注意。

 

洗うことで肌や髪がより乾燥していくおそれがあります。たいていの安価なシャンプーに使われていますので、値段をとるか、美しさをとるか。よく考えて品物選びをしたほうがいいですね。