化粧品配合香料の肌影響とは?

化粧品は毎日使うものです。皮膚のケアとしてはもちろんですが、良い香りで気分も満たされればリラックス効果も得られますよね。けれどその香りが合成香料だとしたら、あまりオススメはできません。

 

合成香料は主に化学物質から作られたものです。人によってはシミやアレルギーを引き起こす場合もあります。今はほとんどアレルギー反応は起きないように改善されてはいるようですが、香料が入っていない物を選ぶに越したことはありません。

 

私自身も敏感肌ですぐ荒れるので、なるべく無添加な物を選ぶようにしています。着色料も同じく、全く必要ないと思っています。かと言って、何もかも無添加ならば良い訳でもありません。例えば防腐剤が入っていない化粧品は、きちんと保管しないとすぐに腐る可能性もあります。

 

「オリファ」は腐る心配もない無添加化粧品だから安心ですね。

 

化粧品に香料を配合する理由

そもそも化粧品に香料を配合する理由は、リラックス効果を得る目的もありますが、だいたいは化粧品の原料特有の臭いを抑える為でもあります。どうしても香りが入っている化粧品が良いという方は、天然香料のタイプをオススメします。

 

天然香料は植物から抽出した成分がほとんどなので、肌荒れのリスクはだいぶ少なくなります。ただ、私はもうここ何年もずっと香料無添加の化粧品を使っていますが、臭くて使えない物など一つもありませんでした。

 

肌へのリスクを考えるなら、やはり天然香料でさえも入っていない物を選んだ方が良いでしょうね。敏感肌の方は特に、購入前にしっかり調べた方が良いと思います。