鉱物油と植物油の対極を押さえる

一昔前にはあまり聞くことのなかった鉱物油。いったい鉱物油とは何なのでしょうか。鉱物と油とはすぐに関係性がピンと来ません。少し解説してみたいと思います。

 

そもそも、鉱物油はプラスチックや工業製品などの製造後に産出される廃油のことを指し、脱色および不純物精製などを経ていて純度は高くなっています。

 

一昔前にはこの純度を上げる技術があまり高くなかったために、品質に問題が生じたことも歴史的経緯として知っておいて損はありません。

 

もともとが石油を原料としていて、石油は産業界においては鉱物として扱われるために、このような名称になっていることもここで取り上げておきましょう。

鉱物油の特性

この鉱物油の特性として肌への浸透が無いことを挙げられます。そのため、外部の刺激から肌を守るために医療現場ではワセリンが、またはベビーオイルの原料としては流動パラフィンが用いられているのも、うなずけます。

 

つまり、このような目的遂行のためには、適した油といっても過言ではありません。

 

外部の刺激から肌を守ることができる、ということの裏返しとして、保護する能力がとても高いために毛穴につまるという問題が指摘されています。

 

そもそも鉱物界に由来する成分を人体に浸透させるために毛穴などを埋めてしまい、よって、新陳代謝を滞らせてしまうために生体へ悪影響を及ぼしかねないのです。

 

例えば洗浄のしやすさを植物油と比較してみても、大変洗浄が難しいことからも、鉱物油のこの特徴がうかがえます。

 

実際には化粧品に広くこの鉱物油が使用されています。消費者としてはなかなかくまなく成分を見抜くことは難しいのですが、原料が安価であることから利用するメーカーは多いのです。

 

また、浸透性はなく、つまり、化粧品としては肝心な肌への本質的な効果は見込めないのにも関わらず、伸びが良いことから好んで利用されがちです。

 

なかなか専門的な表記を判別するのは難しいため、キーポイントとしては、対極の植物油のみを利用している製品を選ぶことで、望まざる鉱物油の利用を回避できる、ということはぜひ押さえておきましょう。