『顔のしわの原因』とは?

私は21歳になってまもなく妊娠し、26歳の時には 3人の子どものお母さんになっていました。

 

現在 28歳、まだ1番下の子は手がかかりますが以前よりも工夫すれば少し自分の時間が持てるようになってきました。

 

自分のことを後回しにし続け約7年近く、ふとゆっくり鏡の前に座って久しぶりにじっくりメイクを楽しもうと鏡の前に腰をかけた瞬間、自分の顔を見てびっくりしてしまいました。

 

まだ20代なのに眉間にシワが寄りほうれい線がくっきり入っていたんです。

自分の顔を見てショックを受ける

とてもショックで、たとえ忙しいと言えどしっかりケアをしてくれば良かったな…と後悔をしました。その日から入浴中にはマッサージを心がけ、化粧水と乳液を欠かさず毎日続けました。

 

しかし1週間が過ぎ1ヶ月、3ヶ月経っても一向に期待するような効果は現れません。その様な状況にがっかりとしていた時、私の目に水の入ったコップが映りました。

気づき「内側からのケア」

そして『あっ、そういえば外側からのケアばかりで内側からのケアをしてないじゃない』と気付きました。

 

半ば諦めていましたが、そん時もう一度再挑戦することを決め毎日コップ8杯程度の水を飲むように心がけ始めました。すると約1週間後驚きの効果が得られたんです。

 

よく見ないと分からないくらい、ほうれい線が薄くなっていたのです。肌のケアというと、まず化粧水などのケア商品に頭がいきがちです。シワの原因と言うと人それぞれだと思いますが、私の場合は体の中の水分量が足りていなかったようです。

 

普段からあまり水分を飲まない人にとって、水分摂取を習慣化するはとても大変ですが試してみる価値はあると思いますよ。

飲み物と食べ物から美しさを作る

やはり、肌が綺麗な方は水を飲んでいるみたい。お友達にも綺麗の秘密を聞いてみました。

 

私は肌が綺麗だと誉められることが多い。自分ではあまりわかってませんが、確かに色も白いしキメも細かい気がする。気をつけていること、心がけていることは…、お茶などはあまり飲まず(1日1・2杯のハーブティーは飲むが、)白湯を一年中飲んでいること。

 

ニキビが酷く悩んでいた頃、お茶やジュースを止めて、常温の水だけを飲むことにしてから、ピタリとあんなに悩んでいたニキビが良くなったことがあった。それから、習慣として、基本的に白湯か(夏などは)常温の水を飲むことにしています。

 

また、朝の起きがけの一杯を少し熱めの水(白湯より熱い、沸騰して少し冷ました熱さのお湯)を飲むようになってから、便秘も解消し、毎年秋ごろに増えていた体重も増えなくなった。食べ過ぎた翌日も、しっかりとしたお通じがあるようになり、無駄なものが体に溜まらなくなった気がする。

 

その結果、体重も増えず、肌の調子も上々。また、お腹の調子を常に考えて食べるものを決めだしてから(習慣だからとお腹も空いていないのにいつも通り食べたり、サッパリしたものが食べたいのに無理して油っぽいものを食べたりしない)、暴飲暴食をしなくなった。

 

それによって、無理に運動したり食事制限をしなくても、目標体重がキープでき、少し食べすぎてもすぐに戻るようになった。バランスの良い食事も大切だが、体が今欲しているものを適量取ることが、一番簡単な美容と健康を維持する方法ではないでしょうか。